眼鏡が似合わない?似合う眼鏡を見つけたいなら注目するのはここ!

私は眼鏡が似合わないタイプ!それは誤解です。

素敵なデザインの眼鏡を見つけても、いざ眼鏡を掛けて鏡を見ると、想像していたのとは違う自分の姿を見てガッカリした経験はありませんか?『私は眼鏡が似合わないタイプだからしょうがない』と諦めないで下さい。眼鏡を選ぶ時にはコツがあるのです。

眼鏡は顔の形で選べ!

似合う眼鏡を見つけたいなら、まず自分の顔の形を確認しましょう。丸顔は縦幅より横幅の比率が高めで柔らかな印象を与える特徴があります。そんな丸顔にはスクエア型のように直線的なラインのものを選ぶと顔全体のバランスが取りやすくなります。特に天地幅の狭いスクエア型を選べばスタイリッシュ感がアップします。面長はシャープなフェイスラインが特徴です。その為、ウェリントンのように縦長の印象をカバーしてくれるもの。特に、天地の幅があるフレームを選んで、眼鏡の枠とフェイスラインを近づけるようにすると顔全体のバランスが取りやすくなります。ハーフリムは縦の長さを強調するので避けた方が無難です。

三角顔は面長の人より更にシャープなフェイスラインが特徴です。オーバルやハーフリムなどでフェイスラインを合わせると、シャープな印象をより引き立てる効果があります。四角顔は直線的な輪郭が特徴です。メリハリのあるフェイスラインなので曲線的なハーフリムか優しい印象をプラスするオーバルがオススメです。

眼鏡を使う用途によって、レンズを選ぼう!

フレームが決まったら、どんな目的で眼鏡を使うのかを考えてレンズを選びましょう。外出や運転の時に使うなら、UVカットのレンズを選んだり、パソコンやスマートフォン、タブレットを使う時に眼鏡を掛けるなら、ブルーカットのコーティングをされているレンズを選ぶと良いでしょう。

メガネにはおしゃれのアイテムの一つとするものや、遠視や近視など目の不具合をカバーする役割のものがあります。