機械式時計を長持ちさせるには?正しい保管方法のポイント

湿度や気温の高い場所は避ける

時計の機械部分は非常にデリケートです。湿度が高いと湿気で部品が錆びてしまい、正しく作動しなくなる可能性があります。温度が高いと金属が膨張し、部品同士が摩擦を起こすこともあります。そうすると、部品が劣化して故障の原因となってしまいます。湿気が少なく、気温が35度以上にならない場所に保管するようにしましょう。また、保管する際には機械時計をそのまま引き出しの中に入れるのではなく、ケースに入れて保管するのが基本です。

磁気の強い場所は避ける

多くの機械時計は、時期によってムーブメントが狂ってしまいます。そのため、磁気の強い場所は避けて保管するのが賢明です。避けるべき場所としては、スマホやパソコンの近くがあげられます。また、テレビの近くも厳禁です。そのほか、電子レンジは多量の磁気を発生するので、近くに置くのは避けましょう。

乾燥剤の入った場所は避ける

機械時計は湿気のある場所を苦手としますが、だからといって乾燥剤や脱臭剤の入った引き出しの中も適した環境とはいえません。乾燥しすぎた場所に保管すると、機械の動きをスムーズにするための潤滑油まで乾いてしまいます。そうすると、時計の機能に問題が生じる可能性があります。

ワインダーがあると便利

自動巻き式機械時計を保管する場合は、ワインダーがあると保管中もゆっくり時計を動かしゼンマイを巻き上げることができるため、時計が止まりません。また、長期間放置して潤滑油が固まってしまうのを防ぐこともできます。次に使う時に、時間を合わせる手間も省けるでしょう。

グランドセイコーは、セイコーの高級ブランドです。設計や開発から始まり、出荷までをすべて国内にてセイコー自社が行う、「日本の」時計ブランドです。